賃貸借契約でありがち!?トラブルを避けよう!

賃貸借契約でのトラブル

賃貸借契約とは、土地や建物、物などを、一定期間対価を支払って借りる時に締結する契約です。主に、アパートや一軒家などを借りる時に用いられます。皆さんも、アパート暮らしや借家暮らしの方は、この契約を締結しているでしょう。ここで、トラブルが生じることが多いのが、返還の際の汚れや破損についてです。借りた側は原状回復義務を負いいますが、時間とともに生じる自然な劣化に付いては、回復させる必要がありません。しばしばこの点で、家主と借主がもめてしまいます。

明け渡しの前に写真を撮っておこう

そして、敷金を差し入れている場合には、回復に必要な費用が差し引かれたうえで返還されますから、敷金の返還でも必然的にもめることとなります。この点についてもめないように、明け渡しの前には写真を撮っておくことをおすすめします。写真で明け渡し時の状態がわかるので、弁護士に相談する際にも有用ですし、敷金返還請求を訴訟で行う場合には、その証拠にもなるからです。もちろん、借りた側に責任があるとされることもありますが、はっきりとデータが残っていれば納得することもできるでしょう。

入居時の写真も撮っておけば完璧

そして、入居時の写真も撮っておけば、明け渡し時の状態と比較ができるので、撮っておくことをおすすめします。もし、初めから壁紙が破れていたり換気扇が壊れていたとしたら、自分が責任を負う必要がないからです。また、入居時にすでに不具合があれば、不動産屋や大家に連絡しておいた方が望ましいです。家主側には修繕義務がありますし、そもそも最初から状態が悪いのは、債務不履行だとも言えるからです。以上の方法を用いて、退去時にもめてしまわないように注意しておきましょう。

札幌市中央区の賃貸マンションは、防犯セキュリティもしっかりしていれば、鉄筋コンクリートで造られているので、強度もある賃貸マンションです。